気の通り途
ぷぅ~ちゃんのところで
霊のはなしがありましたので
ちょっとあたしも思い出したことを書いてみます

この街にきたころ
電車の中から外を見ていて
「あれ?」と感じる場所がありました


あれ?あの場所・・・空間がゆがんでる
でも建物があるし・・・しかもうどん屋さん?
おかしいな~~
あんなにゆがんだところでお店出しても
いいことあるわけないのに・・・


それから程なくして
うどん屋さんはなくなり、
選挙事務所になっていた


あれ?おかしいな~~
誰かその場所のことわかるひといないのかな~~
事務所なんてダメに決まってんじゃん?

もちろん候補者は落選し
事務所もなくなった


その後は
新興宗教が入り込んだ


あ~~・・・ま、宗教ならいいのかな


・・・と思ったが
やはり、にわか宗教では耐えられなかったのか
そのうち出て行った
ま、そうだろうね
っていうか、宗教やるくらいなのに
なんでわかんないの?
すごいゆがんでるでしょ??


そして・・・ラスト。
まぁ、これが来るだろうな、っていう
黒いバスみたいなのに軍歌?みたいなのを流して走ってる
集まりがそこを借りていた
その頃にはその建物の向かいにあったパチンコ屋も潰れた

でもあのパチンコ屋は頑張ったよねぇ・・・



しばらくして・・・
そこを通ってみたら
その黒い集団も引き払ったらしく
建物そのものもなくなっていた


そこで、あたしが見たものは



小さな赤い鳥居



あぁ・・・これがあったのか
ここを塞いでたんだから
そりゃ、ゆがむよね

あたしは鳥居さんに
「時間がかかったけど、よかったね」
と手を合わせた


今は気も通っているので
その場所からは何も感じない




あたしの霊感はこの程度のものだけど
これは怖い話じゃないよ(^^♪


先人に「わかる」人がいて
作られたものには
必ず大切な意味があると思う



でも非科学的だけどね(^^ゞ
[PR]
by viva_jun1231 | 2008-05-24 22:44 | あたしの日常

サブタイトル 「ちょっぱーの帰り道」
by viva_jun1231
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ゲホウ(外法)
魚類の一種。
別名:トウジン、手長鱈、
チョッピー。
タラ目ソコダラ科トウジン属。

深度500m以内の
比較的浅い場所に棲む
深海魚。
頭部と目が大きく
尾部が長く、食品として
利用できる部分が
少ない。

・・・・・言い得て、妙。

それもまた一興。

検索
最新のトラックバック
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧